妊活と葉酸

不妊症にも葉酸は効果がある?不妊治療中でも利用してOK?

更新日:

ほうれん草やレバーなどの食品に多く含まれている葉酸。この葉酸はビタミンB群の一種になります。

葉酸の主な働きには、ビタミンB12などと共同して血液を作り出すことや、DNAを元にした細胞の再生や細胞分裂を助けるといったものがあります。

このため、妊娠初期においては胎児の細胞分裂の際に、葉酸が必要とされるほか、栄養を十分に送るために必要となる血液を増やすのに役立てられているのです。

しかし、ちょっと見方を変えると、この葉酸には妊娠中にも嬉しい効果たくさんあることがわかります。一体、葉酸は不妊症においてどのような働きをしてくれるのでしょうか?

もう少し詳しく、葉酸の働きについて考えていきましょう。

 

不妊症で悩む女性にとって嬉しい葉酸の働きとは?

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s

葉酸で血行が促進される

まず、先ほどもお話しした通り、葉酸には血液を作り出す作用があります。また、葉酸にはホモシステイン血症を抑制して血液をサラサラにしてくれる効果もあるのです。ということは、十分な血液がつくられて滞ることなく流れていくことにつながります。

この状態、すっごく簡単に説明すると、「血行が良くなる」ということになるわけですね。

実は、不妊症であげられる症状の多くに、血行不良が原因となっているものがあるのです。例えば、血行不良によってなりがちなのが、冷え性です。冷え性は、妊活において大敵といわれているほど。子宮や卵巣の機能の低下につながるため、妊娠しにくく着床しづらい体内環境にもなってしまいがちです。結果として不妊の可能性が高まってしまうというわけです。

体内に必要とされる葉酸をしっかりと摂取できている状態で、十分に血行が促進されていれば、冷えの改善にもつながるほか、子宮内膜を育てていくための十分な血液も確保できると考えられるのです。

卵巣機能の向上でしっかりと排卵

不妊症の方の中には、無排卵月経をおこしてしまい、なかなか妊娠できないという方もいます。女性の体内には、決まった数の卵胞がありますが、ホルモンバランスの乱れや卵巣機能の低下により、十分に卵胞が大きくなりきらないこともあるのです。

これにはホルモンの分泌量低下などいろいろな原因がありますが、慢性的な体の冷えもまた減品のひとつになっているのです。不妊治療では、ホルモン療法などで改善を試みますが、葉酸などを活用して冷え取りを行うことも大切なことなのです。

ホルモンバランスを整える効果も

直接的な効果ではないのですが、葉酸には妊娠に必要となるホルモンのバランスを整える働きもあるとされています。これは、葉酸の持つ造血作用や血行を促進する働きと大きく関係しています。血行が良くなると、視床下部へ指令を送る伝達物質がしっかりと伝わるようになるというのです。この視床下部は、それぞれのホルモンの分泌をコントロールしている重要な器官になります。

妊娠に至るまでのプロセスには、さまざまなホルモンが関係してします。一般的には、エストロゲンやプロゲステロンなどが有名ですが、FSHと呼ばれる卵胞を刺激して育てるホルモンや、LHと呼ばれる排卵をうながすホルモンなどもあるのです。これらのホルモンがしっかりとバランスよく分泌されることにより、不妊症の改善や妊娠率を高めることにもつながると考えられるのです。

男性側の不妊の問題にも効果がある

葉酸には、傷ついた細胞をDNAレベルで修復する働きがあるといわれています。

このため、精子に異常が多く、なかなか自然妊娠ができないといった場合においては、ある程度改善が期待されるといった報告もあるようです。

すべての男性不妊に効果的だというわけではありませんが、元気で健康的な精子を作り出すという意味でも、葉酸は一定の効果があると考えて良いでしょう。

 

葉酸は不妊症で悩む方の強い味方にもなる

葉酸は決して不妊症を改善するための万能薬というわけではありません。しかし、ミネラルが豊富で血行を促進してくれる働きは、妊活においても見逃すことができない効果です。

特に冷え性で悩まれている女性や、ホルモンバランスが乱れがちな方、基礎体温がなかなか整わないといった悩みを抱えている方が葉酸の力を借りるのは決して悪いことではないと思うのです。

クリニックで葉酸を販売している所もある

実際、不妊治療などを行うクリニックなどでは、自医院などで監修を行った葉酸サプリメントを販売しているという所もあります。

もちろん、このようなサプリメントはあくまでも補助的なものではありますが、妊娠が成立する前からの摂取が良いと考えている医師も決して少なくないのです。

不妊治療においてサポートになると、積極的に進めているクリニックもあるようですので、もし今あなたが不妊治療を受けているという状況なのであれば、一度聞いてみるのも良いかもしれませんね。

 

不妊治療の場合は利用時に医師に相談を

ただし、場合によっては不妊治療中のサプリメントが、治療効果の妨げになったりする場合もありますので注意が必要です。

今のところ、葉酸サプリメントの成分が、不妊治療に用いられる薬の薬効を下げたり、過剰にしてしまうような報告は出てはいませんが、葉酸の持つ働きが医師の想定を超えてしまうこともあるかもしれません。

医師が知らずにいると、葉酸による効果などを、別の治療や処方の結果と読み違えてしまう可能性も少なからずあるからです。

ですので、もし不妊治療を受けている場合で、葉酸サプリメントなどを飲んでみたいという場合は、一度かかりつけの医師に相談をしてみてから摂取するようにした方が良いと思います。

 

妊娠してからではなく妊娠したい人こそ葉酸を

葉酸は、妊娠超初期にこそ必要だといわれている栄養素です。現在は日本においても、「妊娠可能な女性」を対象に、摂取が推奨されています。

過剰摂取をしない限り、葉酸は体に害を及ぼすような栄養素でもありませんので、少しでも不妊症の改善につながるのであれば、積極的に取り入れたいものですよね。

当サイトでは、不妊症改善にもおすすめできる葉酸サプリメントなどのご紹介なども行っています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

  • この記事を書いた人
グミちゃん

グミちゃん

プロフィール詳細2013年1年間の妊活期間(通院も含む)を経て自然妊娠→娘を出産。現在、38歳にて二人目妊活に奮闘中。2017年10月無事二人目妊娠確定しました。このサイトでは、娘を妊娠するまでに学んだことや感じた事、妊活に必要な情報などをまとめています。 

-妊活と葉酸
-,

Copyright© 妊活卒業アラフォーママが選ぶ♪妊活サポートにおすすめの葉酸サプリメント比較・ランキング , 2019 All Rights Reserved.