妊活と葉酸

妊活中なら男性パートナーも一緒に葉酸摂取を!

更新日:

妊活は決して女性一人が頑張るというものではなく、パートナーの協力がx不可欠です。妊娠力を高めるためには、女性の体質改善だけでなく、男性側の体質を見直すことも大切になるのです。

普通に生活しているような男性の場合であれば、葉酸が不足してしまうことはそうありません。

しかし、喫煙や飲酒、ストレス過多など乱れた生活をしているような場合には、注意が必要です。男性であっても妊活力を低下させないために、しっかりと葉酸を摂取しておいた方が良いのです。

それはいったい、どうしてなのでしょうか?

葉酸の男性に対する効果や必要性についてまとめてみました。

 

 

どうして男性も葉酸を摂取したほうがいいの?

男女を問わず、葉酸は胎児の成長のために妊婦さんが摂取するというイメージを持っているという人が多いかと思います。特に、男性側からすると、妊活のために男性が葉酸を摂るという意識はほとんどないのではないでしょうか?

たしかにこれは正しい知識ですし、妊娠中は特に男性は葉酸を積極的にとらずとも、問題はありません。(もちろん不足するのはよくないですよ)

しかし、妊活中となると話は別です。

 

赤ちゃんの元となる受精卵は、卵子と精子が受精して初めて受精卵となるものですよね?

例え、女性側の卵子が健康的で、いつでも妊娠できる状態を保っていたとしても、精子に元気がないようでは、なかなか妊娠に至らないのです。

 

そこで、必要となるのが葉酸なのです。

では、いったい葉酸が、精子にどのような影響を与えるのか、もう少し詳しくお話ししていきましょう。

 

葉酸を摂取すると精子はどのような状態に?

すごく簡単な言い方をすると、男性が葉酸をしっかりと摂取していくことによって、精子の質が良くなります。

健康的な男性の場合であっても、1度射精する精子の中には数%ほどの染色体異常の精子が含まれています。染色体異常の精子というのは、いわゆる奇形の状態のため運動力も低く、受精能力もほとんどありません。元気な精子が少ないということは、その分受精率も低くなるということにつながりますよね。

男性不妊の中には、染色体異常となっている精子が多いことなどが原因で、受精が難しく妊娠に至らないというケースもあるのです。男性不妊のうち、この精子の染色体異常が原因となっている割合が、3.6%~12.6%だとされています。

しかし、葉酸がこの染色体異常となってしまっている数を減らし、正常な精子の状態へと改善してくれるというのです。

葉酸はDNAをはじめとする、さまざまな細胞を作り出したりするさいにも、必要不可欠とされている栄養素です。日常生活の中で、葉酸が不足しがちな男性の場合には、DNA合成の際に葉酸が足りず、結果として染色体異常の精子が増えてしまっている可能性も否定できないのです。

 

実際、2002年に発表された6名の医師による共同論文では、葉酸が男性不妊にどう影響するかがまとめられています。健康的な精子の状態の男性と、精子の状態が良くない不妊男性に対して葉酸や硫酸亜鉛などの摂取を行う臨床試験を行ったものです。

試験の結果として、不妊症の男性と妊娠可能な男性の双方で、葉酸と硫酸亜鉛を併用することで正常な精子の数が増えることが分かったと結論付けられているのです。

このほかにも、葉酸不足により健康的な精子の生成を妨げてしまっていることに関する論文なども多数論じられています。

海外では、こうした葉酸や亜鉛不足による男性不妊については、比較的メジャーな情報となっているようです。日本ではあまり大々的に言われていないので、知ろうと思わなければ耳には入ってこない情報ですよね…。

 

 

男性が1日に必要とする葉酸の摂取量は?

妊活を行っていない場合の男性であっても、成人男性は1日に200μgの葉酸が必要だとされています。妊活を行う成人男性の場合であれば、1日240μg~400μgの葉酸の摂取(食事による摂取量)が推奨されているのです。

もしも、葉酸をサプリメントで補うというのであれば、1日120μg~200μgの摂取になります。

先ほどお話しした海外の論文では、亜鉛もあわせて摂取することで、より効果が高まったとされていましたので、亜鉛を含むサプリメントなどを摂取するとよいかもしれませんね。余談ですが、亜鉛には精子の動きが活発になるなどの働きがあるとされています。妊活中の成人男性は、1日12mg程度を目安に摂取するとよいですね。

ただし、毎日食事でしっかりと必要な分量が取れているという男性であれば、無理にサプリメントに頼る必要はありません。女性の場合は、妊娠した際の胎児のリスクを考えて合成葉酸の摂取が推奨されていますが、男性に関しては特に合成葉酸でなくても心配することはまったくないのです。

しかし、中にはパートナーが普段から喫煙をされている、毎晩たくさんお酒を飲む、睡眠不足など不規則な生活をしている、ストレスを貯めがち、食生活が乱れがちという方もいるでしょう。そういった場合には、葉酸が不足している可能性もあります。生活習慣を整えるだけでも体質は変わり、精子の質も良くなってくる可能性もありますが、サプリメントなどで葉酸を摂取するとより効果的でしょう。

 

男性パートナーにどうやって協力してもらうか

女性が不妊状態を改善するためにクリニックへ通ったり、サプリメントを活用したりしていても、応援してくれるという男性はいるでしょう。

しかし、男性自身がいざ不妊改善のために何かしようとなると、なんとなく抵抗感があるもので、すぐには摂取してくれなかったりもします。

いくら葉酸サプリメントが男性不妊を改善すると熱く語っても、受け入れてくれない男性もいるのです。不妊の原因が自分にあるのかもとは、あまり思いたくない気持ちもあるのでしょうが、単純にサプリメントを飲み続けるということが面倒に感じてしまうようです。

実際、うちの夫も「俺は大丈夫」だといって、サプリメントの摂取を拒否してしました(笑)

 

こういう状況の時に、パートナーに対して「あなたも協力してよ!」という姿勢ではNGです。また、男性のプライド傷つけるような言葉も、できるだけ避けるようにして上げてください。(あなたの精子に問題がある…なんてのはもってのほかですよ)

あれこれ難しい説明はせずに、「妊娠した時に健康的な赤ちゃんが生まれてくるように」とか、「あなたの健康のために」と、妊活力を高めること以外のメリットを伝えてあげるとよいでしょう。

実際、葉酸には血流を良くしてあげる働きがあることなどから、動脈硬化を抑える働きがあるとされています。また、脳内物質の伝達を良くして、ストレス緩和にもつながるともされているのです。

お酒やたばこなどを好む男性なのであれば、彼の体を気遣う言葉をメインにして、赤ちゃんのことも伝えてあげると受け入れやすくなると思いますよ。

 

妊活中の男性の葉酸サプリメントの選び方は?

男性の場合、女性ほど多くの葉酸を必要としません。タバコや飲酒をされたり、生活習慣が乱れがちなパートナーの場合は、1日200μgの葉酸が摂取できるサプリメントを選べばよいでしょう。

その他には、亜鉛が1日12mg程度摂取できることなどもポイントです。マカなども、滋養強壮など男性の健康につながる成分がたっぷり含まれていますので、含まれているとうれしい成分です。

また逆に、鉄などは摂りすぎてはいけない栄養素ですので、摂りすぎには注意が必要です。成人男性の1日の推奨摂取量は7.5mg程度とされていますので、多くても10mg以内に収まるようなサプリメントを選ぶと安心ですね。(ちなみにサプリメントによる上限量は55mgです)

  • この記事を書いた人
グミちゃん

グミちゃん

プロフィール詳細2013年1年間の妊活期間(通院も含む)を経て自然妊娠→娘を出産。現在、38歳にて二人目妊活に奮闘中。2017年10月無事二人目妊娠確定しました。このサイトでは、娘を妊娠するまでに学んだことや感じた事、妊活に必要な情報などをまとめています。 

-妊活と葉酸
-, ,

Copyright© 妊活卒業したアラフォーママが選ぶ♪妊活サポートにおすすめの葉酸サプリメント , 2019 All Rights Reserved.