妊活と葉酸

葉酸は妊娠前に摂取した方がいいといわれる理由とは?

更新日:

葉酸は、胎児の成長において非常に重要な栄養素だといわれています。そのため、妊娠初期から摂取が良いと思われがちですが、実は妊娠前からの摂取が望ましいと考えられているのです。それは一体どうしてでしょうか?

葉酸は、お腹の中の赤ちゃんが健康に成長するために、妊娠初期の摂取が推奨されている栄養素です。そのため、妊婦さんは妊娠したらまず、葉酸のサプリメントを取ったりし始めますよね?

「妊娠したら、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減させるために、葉酸を摂取しましょう。」

この認識は、ここ数年で急激に認知されるようになってきたように思います。しかし、本来、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠初期にこそ必要だとされているんです。

 

この事実、ご存知でしたか?

今回は、葉酸がなぜ妊娠前に必要とされるのかについて、詳しくお話ししたいと思います。

 

 

葉酸の摂取時期については母子健康手帳にも書いてある

これは、2012年度版の札幌市の母子健康手帳の「妊娠中と産後の食事」について書かれているページの一部です。

母子手帳

ちょっと読みにくいですが、ここに「妊娠中の葉酸摂取について」という項目で、葉酸の必要性について触れられています。見出しだけではわかりにくいですが、本文を読むとちゃんと「妊娠前から妊娠初期の葉酸の摂取が重要である」と書かれています。

まぁ、この母子健康手帳を受け取る時期には、すでに「妊娠前」と「妊娠初期」は通り過ぎてしまってるんですけど(※地域によりますが)、そこはひとまず置いておいて。

母子健康手帳には、摂取したい時期や理由について簡単に触れられているものの、それがいったいなぜ妊娠前から妊娠初期なのかについては、あまり詳しくは触れられていません。

おそらく、どの自治体から発行される母子健康手帳でも、文言的には同じ感じだと思います。

では、いったいどうして葉酸は、妊娠前からの摂取がいいとされているのでしょうか?

 

もっとも葉酸が必要な時期は妊娠に気づいていない時期

葉酸は、胎児の成長において必要な栄養素とされています。

これは、胎児の神経管などが成長する時期に、葉酸が不足することによって、二分脊椎などの神経管閉鎖障害の発生リスクが高まることが分かっている事と関係しています。

葉酸は、細胞分裂を促す栄養素です。必要とされる時期にしっかり葉酸を摂取しておくことで、この細胞分裂がスムーズに行われ、神経管をつくり、脳や脊髄をつくっていくことにつながっていくのです。

ただし、この脳や脊髄の元となる神経管がつくられるのは、妊娠6週目~7週目までの間だといわれているのです。驚くことに、その細胞がつくられ始めるのは、着床時期となる妊娠2週目~3週目とほぼ同時だとされているのです。

 

これって、正直妊娠しているかどうか、誰もわからない時期ですよね?そんな妊娠超超初期の段階にこそ、葉酸は必要とされているのです。

実際、先天異常などは、妊娠直後から妊娠10週までの間に発症しているといわれています。実際、二分脊椎や無脳症などの神経管閉鎖障害などについては、これよりもっと早くて妊娠7週までの間に発生しているといいます。

ちなみに、妊娠4週頃が通常であれば次の生理がくる時期に当たります。市販の妊娠検査薬が反応するといわれている時期は、妊娠5週目頃になるのです。

 

妊娠が分かってから葉酸を摂るのでは遅いのかも?

実は、私もこの事実を全く知りませんでした。

長女を妊娠した当時も、安定期を過ぎてだいぶ経ってから「葉酸ってとっておいた方がいいみたいだよ」という情報知ったくらいです。私の場合は、妊婦健診で通っていた産婦人科のDMコーナーにあった、葉酸サプリのサンプルとチラシがきっかけでした。(あまり記憶はありませんが、葉酸って何だろう?くらいにしか感じてなかったと思います。)

結果として、葉酸の摂取は意識していなかった状態でも、健康な状態で産まれて来てくれたので何よりですが、やはりこの事実を知ってしまった以上は意識をして摂取したほうがいいよなというのが私の考えです。

 

そう考えると、やっぱり妊娠していることが分かってから葉酸を取り始めたのでは、少々遅いと思うのです。全く意味がないというわけではなくって、どうせちゃんととるなら、妊娠前からの方が絶対に良いという意味です。

もちろん、意識して葉酸を摂取していなかったからといって、先天性障害が出るというわけではありません。神経質になって変に不安になる方が、妊活にも良くないでしょう。

ですが、葉酸を摂取したほうが良いとされる時期については、厚生労働省でアナウンスされてはいるものの、実際のところ必要されるはずの「妊娠を予定している女性」には全く届いていないのが現状ですよね?

ですので、せめて赤ちゃんが欲しいと思っている女性の方には、こうしたサイトを通して事実を知っておいて欲しいなという思いがあるのです。

 

じゃぁいつから葉酸を摂るのがいいの?

あなたが今妊娠を希望しているのであれば、今からの摂取が望ましいと思います。

実際、厚生労働省の報道資料の中でも、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間は、食事とサプリメントの両方から葉酸を摂取するのが望ましいとしています。これが母子健康手帳に記載されていた、「妊娠前から妊娠初期」に当たるわけですね。

1か月前というのは、一つの目安だと考えればよいでしょう。

 

葉酸は、いつでも体内で利用できるよう、ある程度必要とされる基準値になるよう、常に体内にチャージしておくことが大切です。当然ながら、私たちの体内でも日々葉酸は利用されていますし、体外へ排出もされます。

ですので、いつでも赤ちゃんのために利用できる葉酸値となっているよう、前もってしっかり葉酸を摂取しておくと良いですよ~ということになるわけです。

赤ちゃんの先天性障害のリスクの低減を考えるなら、遅くとも妊娠を希望する排卵日よりひと月前からがいいのかなとは思います。

まぁ、そんなガッチガチに考えなくても、思い立ったが吉日!でいいとは思いますけどね。

葉酸は、胎児の成長だけではなく、妊活中の女性の体調も整えてくれる栄養素です。妊娠率のアップのためにも葉酸は効果的ですので、積極的に摂取するのがおすすめです。

妊活中の女性は、赤ちゃんを授かる前から葉酸をとるようにした方がいいよ。っていうことだけは、ちゃんと伝わればいいなと思ってお話しさせていただきました。

  • この記事を書いた人
グミちゃん

グミちゃん

プロフィール詳細 2013年1年間の妊活期間(通院も含む)を経て自然妊娠→娘を出産。 現在、38歳にて二人目妊活に奮闘中。2017年10月無事二人目妊娠確定しました。 このサイトでは、娘を妊娠するまでに学んだことや感じた事、妊活に必要な情報などをまとめています。  

-妊活と葉酸
-, ,

Copyright© 妊活卒業したアラフォーママが選ぶ♪妊活サポートにおすすめの葉酸サプリメント , 2018 All Rights Reserved.