妊活と葉酸

葉酸は無排卵の悩みを解決してくれる?無排卵の原因と改善策

更新日:

基礎体温を付け始めたことがきっかけで、無排卵である可能性に気が付くという方もいます。無排卵だと、妊娠は難しくなるため、何とか改善できないものかと悩まれている方もいらっしゃることでしょう。

最近、妊活雑誌では葉酸が妊活によい効果を与えてくれるという情報を目にする機会も増え、葉酸が無排卵対策になるのではないかと考えている方も少なくないようです。

そこで今回は、無排卵と葉酸の関係と、無排卵となる原因やその改善策についてお話していきます。

 

 

 

無排卵ってどういう状況?排卵の仕組み

無排卵とは、文字通り通常生理周期中に起こるはずの排卵が起こらない状況をいいます。

排卵が起こらないまま月経が来てしまうことを無排卵月経といいますが、いつも通り月経が来てしまうことによって無排卵であることに気が付かないまま過ごしてしまう人も中に入るようです。

無排卵は決して珍しいことではなく、健康で生理周期の整っている女性であっても、何か月かに一度無排卵になることはわりとよくあることです。

 

排卵とは、脳下垂体からのホルモンの分泌によって卵巣が機能することで起こります。卵巣が機能すると卵胞が成長・成熟し、卵胞の中から卵子が飛び出します。

これが排卵です。ところがなんらかの原因により、脳下垂体からホルモンを分泌出来ない・卵巣がうまく機能しないなどのハプニングが起こると無排卵が引き起こされてしまうのです。

 

無排卵かどうかは判断できるの?

正確に無排卵であるかどうかは、クリックなどで調べたほうが確実ですが、ある程度の予測は可能です。

無排卵の場合、月経の周期が39日以上と長くなる傾向があります。また、逆に19日未満で生理が来てしまうなど、極端に月経周期が短い場合なども無排卵が関係していることが多いようです。

また、無排卵の場合黄体化が起こらないため、基礎体温が高温になりません。そのため、基礎体温を記録していて低温期と高温期に差がない場合なども、無排卵の可能性があると判断できるでしょう。

 

無排卵を起こしてしまう原因は?

では、何が原因で無排卵をおこしてしまうのでしょうか?

無排卵を起こす原因の1つにホルモンバランスの乱れが挙げられます。

女性ホルモンの分泌は脳の視床下部や下垂体などで調節されていますが、この部分に負担がかかるとホルモンバランスは乱れやすくなってしまいます。

 

ホルモンバランスを乱す原因にはいくつか挙げられます。

ストレス

ストレスは自律神経を乱す原因となります。自律神経は脳下垂体で調節されていますが、脳下垂体では排卵の調節も行われています。そのためストレスを受けると無排卵を引き起こす可能性があります。

過度なダイエット

過度なダイエットをしていると、生きるために必要な栄養素が不足しがちになります。必要とする栄養素が不足すると、脳からのホルモンを分泌させるための指令が止まってしまいます。

風邪などの体調不良

風邪をひいて体調を崩したことが原因で、無排卵となってしまうこともあります。体調不良が自律神経に影響を及ぼすことが、無排卵を引き起こすきっかけとなると考えられています。

不規則な生活習慣

睡眠不足や食生活の乱れ、喫煙、過度な飲酒などの生活習慣により脳の視床下部の機能が低下し、ホルモンバランスを乱す原因となります。

冷えや運動不足

運動不足や冷え性の方は、血行不良となり卵巣や子宮も冷えてしまいます。血行不良はホルモン分泌の妨げとなるため、ホルモンバランスは乱れてしまいます。

無排卵につながる病気や疾患

他にも多嚢胞卵巣症候群、卵巣機能の低下、高プロラクチン血症、甲状腺機能低下症なども無排卵の原因として考えられています。

あなたにおすすめの葉酸サプリは?

ママナチュレ

注目のピニトール成分300㎎を配合した葉酸サプリメント。妊活にうれしいマカやルイボス、ザクロエキス、大豆イソフラボン、免疫力アップにもつながるシールド乳酸菌も配合。鉄なども配合しているので、妊娠後も継続して利用可能な葉酸サプリメントです。

 

葉酸は卵胞の成熟を助けてくれる

最近では先天性異常のリスクを低減させることから、妊活中から葉酸を摂取することがすすめられており、妊活雑誌などでも取り上げられています。葉酸には妊活にとって、他にどのような効果があるのでしょうか?

葉酸には造血作用があり、摂取することで血液量が増えるので、代謝と血行が促進されます。血行が促進されると、卵巣に十分な血液や栄養が行きわたるようになるので、卵巣の機能が高まり卵胞の成熟を助けることができるのです。

ちなみに多嚢胞卵巣症候群の場合、ホルモンバランスが乱れて、未熟な卵胞が排卵できずにいくつも卵巣内に溜まっている状態になります。卵胞を成熟させる葉酸の働きは、多嚢胞性卵巣症候群を改善する効果も期待できるのです。

 

ストレスの軽減にも葉酸は効果的

葉酸はストレスを軽減する働きもあります。

ストレスを受けることで、神経伝達物質であるノルアドレナリンが分泌されます。ノルアドレナリンはイライラや不安・情緒不安定となる原因になる物質です。

葉酸を摂取することで、セロトニンという物質を作り出すのを助けてくれますが、セロトニンにはノルアドレナリンの分泌を抑える働きがあるため、結果としてストレスを軽減することにつながるのです。

 

前述した通り、無排卵はストレスから引き起こされることがあります。ストレスを受けることで自律神経が乱され、その自律神経と同じ脳下垂体で調節されている排卵も影響を受け、無排卵を起こしやすくなります。

ストレスを軽減することによって、スムーズに排卵を促す指令も伝わるようになり、無排卵の改善の可能性もぐっと高まるのではないでしょうか?

 

まとめ

無排卵にはホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

ストレスや不規則な生活習慣などがホルモンバランスを乱す原因になりうることから、それらを改善することで無排卵も改善出来る可能性があります。

最近では妊活中から葉酸を摂取することがすすめられていますが、葉酸にはストレスを軽減する働きや卵胞の成熟を助ける働きが期待されています。

葉酸を摂取することで、ストレスを軽減してホルモンバランスを整え、無排卵の改善・卵胞を十分に成熟させることが出来れば、妊娠につながるかもしれませんね。

 

あなたにおすすめの葉酸サプリは?

妊活サプリmakana葉酸サプリ

妊活専門の管理栄養士が妊活に必要な栄養素を鑑定して配合。妊活を後押ししてくれるオールインワン妊活サプリです。マカやルイボス、しょうがにすピルリナなど妊活を支えてくれる栄養素がたっぷり。妊活中のイライラ解消に効果的なGABAも配合。これ一つあれば、他の妊活サプリは必要なし。妊娠中も継続して利用できるサプリメントです。

  • この記事を書いた人
グミちゃん

グミちゃん

プロフィール詳細2013年1年間の妊活期間(通院も含む)を経て自然妊娠→娘を出産。現在、38歳にて二人目妊活に奮闘中。2017年10月無事二人目妊娠確定しました。このサイトでは、娘を妊娠するまでに学んだことや感じた事、妊活に必要な情報などをまとめています。 

-妊活と葉酸
-,

Copyright© 妊活卒業したアラフォーママが選ぶ♪妊活サポートにおすすめの葉酸サプリメント , 2018 All Rights Reserved.