妊活や不妊治療

排卵痛が起こるのは排卵日?それとも排卵前や排卵後?痛みを感じてからタイミングを取るのは遅い?

更新日:

排卵日の前後に下腹部に嫌な痛みを感じることがありますが、このような痛みは排卵に伴う排卵痛であることが多いです。

この排卵痛を排卵の目安にして、タイミングを取り始めるという方もいらっしゃいますよね?

でも、排卵痛って排卵の前に起こるものなのでしょうか?それとも排卵後?

よくよく考えてみると、どの時点で痛みが起こるのかよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

場合によっては、排卵痛を感じてからタイミングを取り始めるのでは遅いこともあるのです。

そこで今回は、排卵痛がおこる時期や排卵痛とタイミングの関係についてお話していきます。

 

こちらも関係あるかも

 

排卵痛ってどんな痛み?

そろそろ排卵日かな?ってころに下腹部に痛みを感じると、「これってもしかしては排卵痛?」と思うこともあるでしょう。

でも、排卵痛がどんな痛みなのかわからないと、果たしてそれが排卵痛なのかそうでないのか判断がつきませんよね。

実際、排卵痛ってどんな痛みを感じるものなのでしょうか?

排卵痛はどの辺が痛むの?何日くらい続く?

排卵痛は排卵に伴って卵巣部分(下腹部)の左右のどちらか、または両側に痛みが出ることを言います。排卵する方の卵巣が痛むことが多いので、周期によって左側の卵巣が痛むことがあれば、右側の卵巣が痛むことも、両側が痛むこともあります。

痛み自体は当日中や、長くても数日で治まります。

痛みの期間は生理痛と比べると短いですが、生理痛以上に痛みを強く感じる人もいるので、生理痛よりもつらいと感じる人も少なくありません。

 

排卵痛の痛み方や特徴は?

排卵痛の痛み方には、個人差があるものの、普通の腹痛とは異なる特徴がみられます。

排卵痛の特徴は例えばこんな感じです。

  • チクチク・ピリピリした軽い痛みを感じる
  • つきんつきんと脈打つような痛み
  • ズキン!と刺すような強めの痛みがある
  • 下腹部全体がズーンと重くなる痛みを感じる
  • 痛いというほどではないがもやもやとした違和感
  • 腫れたり内側から圧迫されるような感覚

 

チクチクズキズキといった痛みを感じる場合は、左右の卵巣のどちらか一方だけが痛むのが一般的です。

重だるいような痛みや違和感は、下腹部全体で感じることが多いかなと思います。

 

私の場合は排卵時期に、こんな痛みが起こります

グミ
私の場合、ほぼ毎月排卵予定日につらい排卵痛が起こります。年に数回痛みを感じない月もありますが、基本的には毎月ですね。

私の場合は左右どちらかの卵巣が、内側から腫れて脈打つような感覚の痛みがよくおこります。ひどいときには、椅子に座る度に下から突き刺すような鋭い痛みを感じることがあるため、席を立ったり座ったりするのをためらうこともあるほどです(笑)

私は生理痛もそれなりにありますが、排卵期の痛みのほうがしんどいと感じています。左右順番に痛むというわけではなく、左の月が続いたり、その逆の場合もあります。きっと、毎月どちらか順番に排卵するというわけではないのでしょうね。

管理人の体験談!福さん式によるオリモノと子宮口の変化

 

排卵痛が起こる仕組みとは

排卵痛は、排卵と何かしら関係があることは、時期から見ても明らかです。

では、どのような仕組みで排卵痛は起きているのでしょうか?

考えられるケースがいくつかあるので、それぞれご紹介します。

 

卵胞液が溜まって圧迫するケース

排卵直前に、卵胞の中に卵胞液という液体が溜まり、卵胞を圧迫することで排卵痛がおこるケースがあります。

痛みとして感じる人もいますが、下腹部全体に違和感があるようなズーンと重苦しく感じられるパターンもあります。

ちなみにこの卵胞液は、時間がたつと体内に吸収されていくので、特に治療や処置をする必要はありません。

 

黄体化未破裂卵胞による痛み

黄体化未破裂卵胞の症状を持っている場合にも、排卵期や排卵予定日を過ぎたころに痛みを感じることがあります。

卵胞が排卵できないまま黄体化してしまい、結果卵巣が腫れて痛みを感じるのです。

これは黄体機能不全の方にみられがちな症状ですが、不安な場合は検査してもらうとよいでしょう。

 

卵胞被膜が破れることで痛むケース

卵子が卵胞被膜を破って卵巣から飛び出し、卵管に入ってくることを排卵と言います。

卵胞被膜が敗れる時には、排卵痛として痛みがおきるケースがあります。

この場合、排卵痛がおこるタイミングは排卵している最中になります。

 

卵巣壁を傷つけるケース

排卵により卵巣から卵子が飛び出すことで、卵巣の壁に傷が出来ます。

卵巣壁が傷つき、出血することで痛みが出ることがあります。

この場合、出血が多いと激しい痛みになるほか、血液がたまり痛みにつながるケースもあります。

 

卵胞液がダグラス窩にたまって圧迫するケース

痛みの原因として、卵胞液が関係しているケースも考えられます。

卵胞液とは、卵胞の中に卵子と一緒に含まれている液体です。

排卵で卵子が卵胞から飛び出すと、同時に卵胞液も流れ出して子宮と直腸の間にあるダグラス窩に溜まり、圧迫されて痛みを感じることがあります。

 

卵巣自体が腫れて肥大するケース

排卵した後は、卵胞が黄体に変化します。

この黄体により卵巣が腫れて肥大した状態になり、周囲を圧迫することで排卵痛がおこるケースです。

この場合、半日~1日くらいで徐々に痛みは治まってきます。

 

 

このように排卵痛がおこるケースは、いくつか考えられます。毎回同じ理由で痛む場合もあるでしょうし、周期によってその理由が変わることもあるかもしれません。

しかし、痛みの種類によっておおよそどのような理由で痛んでいるのか想像がつく場合もあります。

あまりにも痛みが強い場合には、痛みが起こっている間にクリニックなどで診てもらうとよいでしょう。

ちなみに私の場合は、排卵後に卵巣が腫れて痛みを感じることが多かったです。

 

どんなタイミングで排卵痛はおこるの?

では、排卵痛はいったいどのタイミングでおこるものなのでしょうか?痛みと排卵の関係がわかれば、自分のリズムをより把握するための目安にもなりますよね?

実は、排卵痛は「排卵前」「排卵時」「排卵後」のどのタイミングでも起こる可能性があるものなのです。

 

先ほど排卵痛がおこる仕組みについてお話しましたが、どのケースも排卵に必要なエストロゲンという女性ホルモンの影響をうけて起こっています。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれており、卵胞の成熟を促す働きがあります。

排卵は、このエストロゲンの影響を強く受けています。排卵期には、このエストロゲンの影響で卵巣周りに痛みを感じる可能性があるのです。

 

卵胞の成長とともに痛みを感じることもありますし、排卵して卵胞被膜が破れたとしても痛みが起こることもあります。

また、排卵後もまた、卵巣の腫れや卵胞液によって卵巣周辺を圧迫してしまうことによっても痛みを感じることがあるんですね。

そのため、排卵痛が排卵前に起こることもあれば、排卵中や排卵後に起こることもありえるということになるのです。

 

結局のところ、排卵痛があったとしても、痛みだけでは「そろそろ排卵しそうだ」「排卵が済んだみたい」ということくらいしかわかりません。

排卵痛を目安にして排卵日を予測すると、実際の排卵のタイミングとはずれてしまう場合もあるため、排卵日予測には不向きと言えるでしょう。

ただ、人によっては、毎周期同じタイミングで痛みが起こるクセのようなものを持つ方もいます。

いつも同じようなころに同じ痛みで悩まされるという場合は、排卵検査薬などを合わせたりクリニックでエコーによる卵胞チェックをして、痛みが起こる時期を正確に確認しておくと対処法も見えてくるかもしれません。

 

タイミングをとるなら排卵痛を感じる前のほうがいい

排卵痛は排卵の可能性があることを測る目安にはなります。

しかし、妊娠率を高めるためには、排卵痛を感じる前にタイミングをとる方が良いでしょう。

たとえ排卵直前に排卵痛を感じるタイプの方でも、それを目安にタイミングを取ったのでは間に合わない場合があるからです。それは精子と卵子にはそれぞれ「受精可能期間」があるためです。

 

排卵直前のタイミングでは遅い?その理由「受精可能期間」とは?

精子の寿命は平均2~3日、長くて1週間と言われています。

ですが、射精の5~6時間後から受精能力が出てくるため、射精直後の精子には受精能力がありません。

それに対し、卵子の寿命は1日程度と言われていますが、受精可能期間は排卵後のたった6~8時間しかないんです。

卵子の受精可能期間が終わった頃に精子に受精能力が出てくるため、排卵直前にタイミングを取ったのでは受精に間に合わない可能性があるのです。

 

受精率を高めるためには、少なくとも排卵の6時間前には精子が膣内で待機している状態にしておくことがベストです。

排卵痛が排卵の前でもあとで、痛みを感じてから関係を持つのでは、やはり遅いような気がしませんか?

グミ
自分の排卵痛が、排卵のどのタイミングでおこるのかはっきりしない場合は、「排卵前」に起こると仮定してタイミングを取るのが正解です♪排卵痛を感じるまでタイミングを待つのではなく、その前からタイミングを取っておくほうが良いということですよね。

 

それに排卵痛が排卵前に起こるタイプの方でも、必ずしも毎周期排卵前に痛みが起こるとは限らず、排卵後だけ痛むことだってあるでしょう。

また、毎周期ひどい排卵痛に悩まされる私でも、年に数回は排卵痛を感じないまま排卵が起こるパターンもあります。

毎周期排卵痛を自覚するという方の場合でも、排卵痛だけを頼りにするのではなく、排卵検査薬や基礎体温の計測などを利用して排卵日を予測したほうが確実ですね。

 

まとめ

排卵痛は、排卵前・排卵中・排卵後のどの時期でも痛みが出る可能性があります。

排卵痛がおこった時には、排卵が既に済んでしまっている可能性もあるため、タイミングとしては遅くなってしまうことだってあります。

また、たとえ排卵直前に排卵痛がおこったとしても、精子と卵子の受精可能期間を考えると、それからのタイミングでは受精に間に合わない可能性があります。

妊娠につなげるためには、ひごろから自分自身の排卵痛がおこるよりタイミングやくせなどを把握しておくと良いでしょう。

 

  • この記事を書いた人
グミちゃん

グミちゃん

プロフィール詳細2013年1年間の妊活期間(通院も含む)を経て自然妊娠→娘を出産。現在、38歳にて二人目妊活に奮闘中。2017年10月無事二人目妊娠確定しました。このサイトでは、娘を妊娠するまでに学んだことや感じた事、妊活に必要な情報などをまとめています。 

-妊活や不妊治療

Copyright© 妊活卒業アラフォーママが選ぶ♪妊活サポートにおすすめの葉酸サプリメント比較・ランキング , 2019 All Rights Reserved.