妊活や不妊治療

高温期1日目っていつから?妊娠してるか判断できるのはいつごろ?

妊活中の方にとって、高温期がどのぐらい続くかということはとても重要なことです。いつもより高温期が長く続くと、「もしかして妊娠しているのかも?」と期待してしまいますよね。

しかし、中には高温期の数え方を間違ってしまっているがために、妊娠したのかもしれないと過度な期待を持ってしまうこともあります。高温期の数え方があいまいなせいで、妊娠したかもと期待しては結局勘違いにおわってしまうなんてこともあります。

高温期を1日2日数え間違えてしまうせいで、がっかりするようなことはもうしたくないですよね?

そこで今回は高温期の正しい数え方と、いつまで続くと妊娠している可能性があるのかについてお話していきます。

 

 

 

高温期かどうかの判断方法は?

基礎体温を見て高温期かどうかは、どのように判断すればいいのでしょうか?

一般的には、低温期の時の体温より0.3度以上あがったかどうかで、高温期に入っているかどうかが判断できます。この場合、何度まであがっているかはあまり重要ではなく、低温相と高温相でしっかりと差があるかどうかが大切になってきます。

排卵した後と思われる時期に、それ以前と比べて0.3度以上高くなっていれば高温期に入っていると判断してよいでしょう。

 

生理周期は生理の始まりから排卵日までが低温期、排卵後から次の生理までが高温期となっています。排卵が起こると、卵巣の中で卵胞が黄体へと変化します。黄体は黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンを分泌する働きがあります。この黄体ホルモンには体温を上げる効果があるため、排卵後には0.3度以上体温が上がって高温期となるのです。

具体的に何度以上になったらというほうがわかりやすいのですが、高温期の基礎体温は誰しもが同じとは限りません。低温期の基礎体温が一般的に言われているような体温よりも低く、高温期に入ってからもあまり高くはならないというタイプの方もいます。また、基礎体温は毎回きっちり同じ状況になるとは限らないので周期によってバラつきがあったり、体温がダラダラと上昇していて高温期に入ったのかはっきりしない時もあります。

高温期に入ったかどうかということは、排卵済みかどうかを確認する手段でもあります。ただし、その月の体調やホルモンバランスの乱れなどによって、体温がうまく上がらずわかりにくいこともよくあるため、あまり深刻に考えすぎる必要はありませんよ。

 

高温期の1日目はいつのことをいうの?

高温期は、排卵したかどうかの目安になります。そのため、基礎体温を眺めながら毎日、高温期の日数を指折り数えている人も少なくないでしょう。

先ほど、高温期に入っているかどうかは、低温期と比較して0.3度以上体温が高くなったか同課で判断できるとお話ししましたが、必ずしも0.3度の差が付いた日が高温期1日目というわけではないため注意が必要です。

妊娠の可能性を知るためにも、高温期は正しく数えたいですよね?では、高温期とはいつから1日目と数えたらよいのでしょうか?

高温期は、排卵日した次の日から数えはじめるため、排卵日の翌日が高温期1日目となります。基礎体温の状況に関係なく、排卵の翌日は高温期のスタートとなるのです。

たとえ排卵したあとに体温がまだ高温相に入っていなかったとしても、排卵日の翌日からが高温期となります。排卵日については「体温が1番下がった日」と思われている方も多いと思いますが、多くの婦人科医などはそれを否定しています。ぐっと下がる時期は、排卵期であることには違いがないのですが、基礎体温はあくまでも分泌されるホルモンに反応して変化しているため、排卵と直結しているとは限らないのです。

 

実際、周期によって体温が1番下がった日が排卵日になることもあれば、体温が上がっている最中に排卵することもあります。「低温期よりも体温が高くなった日から」を高温期としてしまうと、誤差が生じやすくなってしまうので、排卵日を確定たいという場合には、排卵検査薬などを使用して排卵日を予想したり、クリニックでの超音波検査で排卵日を特定する方法が確実でしょう。

 

妊娠してる可能性が出るのは高温期に入ってどれくらい?

基礎体温だけでは、どの日に排卵したのか100%確定させることはできませんが、おおよそいつごろ排卵したのかは予測をすることができます。そうなると、実際にどのぐらい高温期が続けば妊娠の可能性が出るのか気になりますよね。

妊娠の可能性が出てくるのは、高温期に入って21日たっても生理がこない場合です。

生理周期の長さは人によってそれぞれですが、生理周期が25日の方でも35日の方でも、高温期は14日前後で共通しているとされています。これは、妊娠していてもしていなくても関係なく、この期間は最低生理になることはありません。

もしも妊娠が成立している場合、排卵して受精し、着床開始まで7日ほどかかり、そこから着床完了までさらに6日から7日ほどかかるとも言われています。しかし、このころにはまだ妊娠した時から分泌されるホルモンの分泌量が少なく、市販の妊娠検査薬では反応が出ないことが多い状況です。

市販の検査薬がしっかりと陽性反応を示し、妊娠の可能性がはっきりとわかるのは、そこからさらに7日ほど経過した頃になります。

このころが、ちょうど高温期21日目(生理予定日から1週間後)にあたる日となるのです。

このような理由から、生理周期の長さに関係なく、高温期が21日続いているようなら妊娠の可能性を考えてもよいということになります。この時点で妊娠検査薬が陽性を示している場合には、早めにクリニックで確認してもらうようにしましょう。

 

妊娠以外でも高温期が続く場合もある

高温期が21日続くような場合には、妊娠の可能性が高まりますが、妊娠していないのにもかかわらず高温期が続いてしまう場合もあります。

このようなケースでは、妊娠検査薬は陰性となるため、妊娠しているのかしていないのかわからず不安な気持ちになってしまうこともあるでしょう。

では、妊娠していないのにもかかわらず、高温期が続く理由としてはどのようなケースが考えられるのでしょうか?

 

極度な過労やストレスが原因となる場合

基礎体温はホルモンバランスによって左右されます。極度な過労やストレスで、ホルモンバランスが乱れてしまうと高温期が続くことがあります。また、ホルモンバランスが乱れることで排卵や生理そのものが遅れるといったケースもあります。

黄体存続症

排卵後の黄体ホルモンの過剰分泌からおこるものです。高温期が続くことにより生理前の症状も長く続きます。具体的には胸の張り、倦怠感、イライラ、生理時の出血量の増加という症状があります。黄体存続症の詳しい原因や治療法が確立されていないため、対処法としてホルモン剤で強制的に生理をおこさせるか、自然に生理がくるまで待つかのどちらかしかないようです。

 

どちらのケースも、妊娠自体はしていないため、妊娠検査薬で陽性を示すことはありません。また、このような原因のほかにも、排卵日を予測し間違えてしまっていることもあるため注意が必要です。ただし、高温期21日を過ぎても、妊娠検査薬に反応しないケースも中にはありますので、そこからさらに7日ほど様子を見ても高温期のままなのであればクリニックに行くことをおすすめします。

 

まとめ

基礎体温を記録することは妊活にとってとても大切ですが、せっかくなら高温期の数え方もばっちり覚えたいですよね。

高温期は排卵日の翌日を1日目とし、生理周期の長さに関係なく、14日前後続くとされています。21日続くと妊娠の可能性が出てきますが、妊娠以外にも極度な過労やストレス、黄体存続症なども高温期が長く続く原因として挙げられます。

高温期が21日以上続いた場合、まずは妊娠検査薬の使用をおすすめします。妊娠していれば妊娠検査薬はもちろん陽性になり、妊娠以外なら陰性になります。

ですが、どちらにせよクリニックを受診して検査をしてもらうと原因もわかって安心ですよ。

 

  • この記事を書いた人
グミちゃん

グミちゃん

プロフィール詳細 2013年1年間の妊活期間(通院も含む)を経て自然妊娠→娘を出産。 現在、38歳にて二人目妊活に奮闘中。2017年10月無事二人目妊娠確定しました。 このサイトでは、娘を妊娠するまでに学んだことや感じた事、妊活に必要な情報などをまとめています。  

-妊活や不妊治療
-, ,

Copyright© 妊活卒業アラフォーママが選ぶ♪妊活サポートにおすすめの葉酸サプリメント比較・ランキング , 2019 All Rights Reserved.