妊活や不妊治療

高温期が短い場合でも自然妊娠はできる。体質改善策のポイントは?

更新日:

妊活スタートと同時に基礎体温の記録をはじめる方も多いですよね。

基礎体温の計測は自身のホルモンバランスやリズムを把握するのにも、とっても効果的な方法ですよね。

基礎体温の記録から高温期が短いと感じてしまうと、今まで妊娠出来なかったのは自分に何か問題があるからではないかと不安になってしまうのではないでしょうか?

実際私も、高温期が安定せずグラフがガタついてしまったり高温相が短いタイプです。

高温期が短いと妊娠しにくいとか、着床できても継続がむずかしい…なんてよく言われていますが、そんな体質の私でも2度自然妊娠することができました。

とはいえ、高温期が短かったり不安定だったりするかたは、ホルモンバランスに乱れがあることが多いのは確か。

ここでは高温期が短い場合の妊娠の可能性や、体質改善策についてお話させていただきます。

 

 

高温期が短いとしても自然妊娠することは可能です

ネットや雑誌の基礎体温グラフを見ると、低温期と高温期でキレイな二相を描いているものがほとんどですよね。

そのため、排卵後になかなか体温が上がらなかったり、高温になっている日数が短いとなると「普通じゃない」のではないかと不安に感じてしまうことがあると思います。

その気持ち、すごくよくわかります。

でも大丈夫!

排卵後に基礎体温が上がりきらない方や、高温相に入っている期間が短いという方であっても、自然妊娠することは可能です。

大切なのは排卵後から生理日まで何日体温が高い日があったかではなく、あくまでも排卵しているかどうかがポイントです。

まずはしっかりと周期ごとに排卵しているかどうかが大切です。

グラフを付けていて、なんとなくでも二相にわかれていたり、排卵したと思われる日以降に少しでも基礎体温が高くなっていくのであれば、排卵の可能性は十分にあります。

高温期が短いことや、ガタガタしてしまうこと、生理予定日数日前から体温が下がってしまうといった状況は、着床や妊娠の維持にかかわってくる問題です。

まずは、排卵できているかどうかが基礎体温のグラフから読み取れるかどうかを重視しましょう。

 

高温期が短くなってしまう原因やその理由は?

基礎体温から排卵しているだろうということは読み取れたとしても、高温期が不安定だとやはり気になってしまうものですよね。

気にしなくても妊娠はできるから大丈夫だよ、といわれても素直に「そうなんだ」と思えないものです。

それは、どうして高温期の体温が下がってしまったり短くなったりしてしまうのか、その理由がわかっていないからなのではないかな?と思います。

端的に言うと高温期の体温が安定しないのは、排卵後に分泌される黄体ホルモンの分泌が不足していたり、十分に働いていないのが原因です。

黄体ホルモンがしっかりと分泌されなければ、子宮内膜に十分な厚みを持たせることができませんし、内膜をしっかりと維持しておけません。

受精卵が出来たとしても着床しにくくなってしまいますし、着床出来たとしても流産しやすい状態にもなりかねないのです。

とは言え、高温期が短くなっていたとしても、軽度であれば体質改善をすることで自然妊娠は十分に可能ですし、妊娠継続だってできます。

ただ、やはり妊娠率の低下にはつながるかと思いますし、高温期を短くしている原因がほかの疾患や病気である場合もありますので、原因などはしっかりと把握しておいたほうがよいですね。

 

高温相が10日未満なら黄体機能不全の可能性もある

高温期が短かったとしても、周期が安定していたり毎月排卵しているようであればとくに心配する必要はありません。

しかし、高温相にあたる体温が10日に満たない場合や、全体的に高温期の体温が低く低温期との差が0.3度もないような場合には、クリニックで「黄体機能不全」と診断されることもあります。

黄体機能不全とは、女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌する働きのある「黄体」が、うまく機能できなくなる症状をいいます。

黄体機能不全は不妊症の原因にもなりえるため、場合によってはホルモン療法などによる治療が行われることもあるんです。

黄体機能不全になる原因は?

ホルモン分泌を促す指令がうまく脳から出せていない場合や、分泌がされていても子宮内膜の感受性が悪く子宮内膜が厚くならないことなどが主な原因だとされています。

低温期中に卵胞がしっかりと育たず、黄体化がうまくいかないことなども、黄体機能不全の原因になると考えられています。

また、多嚢胞性卵巣症候群などの疾患を持つ場合なども、症状の一つとして黄体機能不全を起こしてしまうとも。

それから、授乳期でもないのにプロラクチンホルモンの値が高くなってしまう高プロラクチン血症などの場合にも、合併症という形で黄体機能不全を引き起こしてしまうこともあるようです。

 

黄体機能不全はクリニックで検査できる

もしも、高温期が短いと感じられる月が何か月も続く場合や頻繁にそうした様子が見られるようなら、クリニックなどで診てもらうと安心です。

黄体機能不全自体は決して深刻な病気というわけではないのですが、不妊理由としては十分になりるので必要に応じて治療や対策をしたほうが良いです。

クリニックでの診断方法は?

クリニックでは基礎体温を用いた問診と採血によるホルモン検査で、黄体機能不全かどうか診断することが可能です。

問診では、生理周期や生理の日数、高温期の日数や生理時の出血量、生理前の症状などを確認されます。

基礎体温を付けている場合には持参するとよいですね。

採血は、高温期の中間あたり(排卵日の1週間後あたり)に行います。血液中の黄体ホルモンが10ng/ml未満であれば、黄体機能不全と診断されます。

また、黄体機能不全では子宮内膜に十分な厚みが出ない場合もあります。クリニックなどによってはエコーで子宮内膜の厚みなどをみて、問診や血中のホルモン濃度と合わせて総合的に診断をするところもあります。

 

クリニックでの治療法例

黄体機能不全を起こしている原因によっては、しばらく様子を見てみましょうといわれることもありますが、必要に応じて投薬での治療なども行ってくれます。

黄体機能不全の原因がホルモン分泌などにある場合には、黄体の形成を手助けする方法と黄体ホルモンを補充する方法などで治療が行われるのが一般的です。

黄体機能不全といっても、ホルモン値や体質などさまざまです。

卵胞を育てて黄体の形成を助ける方法

卵子がしっかり育たないまま排卵すると、その後出来る黄体もうまく機能しなくなります。そのことが原因で黄体機能不全となっている場合には、卵子の発育や排卵を手助けするような治療法が行われます。

この場合、排卵前の低温期にクロミッドなどの服用薬やFSH注射を数日間使用して卵子をしっかり成長させ、その後hcg注射をして確実に排卵させます。確実に排卵させることで、黄体形成の手助けをねらいます。

 

黄体ホルモンを直接補充する方法

黄体ホルモンを直接補充する方法も広く行われている方法になります。黄体ホルモンを補充するものには、高温期に10日前後使用するデュファストンなどの服用薬や排卵後に数回使用するプロゲテポー注射があります。

この方法では、服用薬か注射のどちらかを使用する場合もあれば、どちらも併用して使用する場合もあり、症状に合わせて医師が決めていきます。

 

ホルモン療法が必要だと判断された場合には、しっかりと医師と相談の上で治療を受けるようにするのがベストです。

また関連している疾患などがある場合には、適切な治療を行う必要がありますので、不安な時にはちゃんと調べて治療を受けるようにしましょう。

では、もう少し具体的に黄体機能不全の治療法を説明しましょう。

 

高温期が短い傾向にある場合の改善策

深刻な状況の場合には、やはりクリニックなどでしっかりと見てもらうのが一番です。

しかし、クリニックで様子を見ましょうといわれるだけで特別治療をしないというケースや、クリニックに行くほどではないけれど自分でできることをはしておきたいというケースもあるでしょう。

このような場合にできる対策や改善策についても、少しお話をしておきたいと思います。

体質改善することでホルモンバランスを整えていく

黄体機能不全は、黄体ホルモンの分泌が不足することによってうまく機能しないことが原因となっていることが多いです。

もしも、このような原因で黄体機能不全を引き起こしている場合には、ホルモンバランスを整えていくことで、自然と働くようになることもあります。

そのためには、生活習慣を見直して体質改善をしていくことが重要になってきます。

黄体機能不全はホルモンバランスの乱れと大きく関わっているため、日々の生活を見直すことでホルモンバランスを整えれば、黄体ホルモンの分泌も正常に戻すことができます。

冷え性体質の方は冷え改善と血行促進を

また、ホルモンバランスを乱す原因には、身体の冷えやストレスなどが関係していることが多いようです。

冷えやストレスは、脳の視床下部に影響し、ホルモンを分泌させる指令を鈍らせてしまうことにもつながります。

日ごろから体が冷えないように工夫をし、こまめにストレス発散をしてストレスが溜まったままにならないように気をつけていくと体質改善にもつながります。

また、妊娠前とはいえ、喫煙習慣などがある場合には、体を冷やして血行を悪くしてしまうことがありますので、こちらも注意が必要です。

血流アップや冷え改善などには、日ごろからバランスの取れた食事をとることも大切。

ビタミンEや葉酸などは血流アップにもつながり、黄体ホルモンの分泌をスムーズにさせる働きがあると言われています。

普段から不足しがちな方であれば、ビタミンEを豊富に含むアーモンドや卵などを積極的に摂取してみると良いでしょう。

 

まとめ

低温期に比べて高温期の方が短いと、何か深刻な疾患があることが原因で妊娠できないのではないかと怖くなってしまいますよね。

あまりにもそうした傾向が強いと、黄体機能不全の可能性もありますが、それでも排卵さえしているのであれば自然妊娠することは可能です。

日々の食事や生活習慣次第で体質改善を図ることは可能ですが、不安な場合にはクリニックで一度チェックしてもらい、必要に応じてホルモン療法などを受けるなどの対処をしてもらうといいですね。

どちらにしても、高温期が短いというだけで妊娠ができないとあきらめる必要は全くありませんので、安心して妊活に取り組んでOKですよ♪

 

体質改善に近づくためにも、妊活力アップのための栄養摂取は大切です♪

葉酸をはじめとする各種ビタミンやアミノ酸などをバランスよくプラスすることをおすすめします。

おすすめ妊活向けサプリメントはこちら

 

 

  • この記事を書いた人
グミちゃん

グミちゃん

プロフィール詳細2013年1年間の妊活期間(通院も含む)を経て自然妊娠→娘を出産。現在、38歳にて二人目妊活に奮闘中。2017年10月無事二人目妊娠確定しました。このサイトでは、娘を妊娠するまでに学んだことや感じた事、妊活に必要な情報などをまとめています。 

-妊活や不妊治療
-, , ,

Copyright© 妊活卒業アラフォーママが選ぶ♪妊活サポートにおすすめの葉酸サプリメント比較・ランキング , 2019 All Rights Reserved.