妊活や不妊治療

黄体機能不全だと妊娠できないの?治療法や改善方法は?

更新日:

基礎体温を付けていくと、自分自身のリズムが見えてきます。

ネットや雑誌などで見られるように低温期と高温期がきれいな形で分かれる方もいれば、そうでないかたもいますが、お手本となるようなグラフと大きく異なるような形になる場合、もしかすると黄体がうまく働いていない「黄体機能不全」の可能性があるのかもしれません。

黄体機能不全は、痛みや不調などのように分かりやすい症状がなく、意識しないとわからないことも少なくありません。基礎体温を付けなければはっきりしないことも多いため、それまで全く気が付かなかったという女性もたくさんいます。

しかし、黄体機能不全になると妊娠しにくくなる場合などもあるため、妊活女性にとってはあまりうれしいものではありません。深刻な病気というわけではないものの、できれば改善させておきたいものではあります。

 

黄体機能不全とは実際にはどのような疾患なのかや、無事に妊娠ができるのかと不安に感じている方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、黄体機能不全の治療法や改善方法、妊娠は可能なのかについてお話していきます。

 

 

黄体機能不全とは?

排卵すると、卵巣の中で卵胞が黄体へと変化します。この黄体には黄体ホルモンを分泌する働きがあります。

黄体機能不全とは、黄体の機能が悪くなり黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が不足してしまったり、黄体そのものの存続が短くなってしまう状態のことを言います。

黄体ホルモンは、受精卵を子宮内膜に着床しやすくしたり妊娠を維持するために必要なホルモンです。黄体ホルモンが不足してしまうことによって、これらが不妊症や流産の原因となってしまうのです。

 

黄体機能不全にみられる特徴や症状は

黄体機能不全にはわかりやすい特徴と症状があるので、それぞれご紹介します。

基礎体温でわかる黄体機能不全の特徴

黄体ホルモンには体温を上げる働きがあるため、黄体ホルモンが不足する黄体機能不全の場合には基礎体温グラフに特徴が出ることがあります。

・低温期と高温期の温度差が小さい(0.3度未満)
・高温期が短い(9日以下)
・高温期中の基礎体温がガタガタとして安定しない
・低温期から高温期に移るのにダラダラと時間がかかる
・高温期の間に体温がガクっと下がる

 

黄体機能不全でおこる身体の変化や症状

・生理前の症状(胸が張る、体が熱い、イライラする等)が軽い、もしくはない
・生理周期が短い
・不正出血がある

これらの特徴や症状に当てはまるものがある場合、黄体機能不全の可能性があります。とくに、生理前に少しだけ出血してしまったり、茶色いおりものが出るようなタイプの方には、黄体機能不全脳傾向があります。

しかし、黄体機能不全の症状はあまり表にでず、自覚症状がほとんどないため基礎体温をつけるまで気がつかなかったという方も少なくありません。また、生理前PMS症状は、黄体機能不全でなくても起こることがあるので、見逃してしまうことがあったとしても無理はないのです。

 

黄体機能不全はクリニックで検査をして調べることもできる

ちなみに、自分自身が黄体機能不全かどうか、より詳しく知りたいという場合には、クリニックで調べてもらうという方法もあります。

クリニックなどでは、基礎体温表を用いた問診と採血によるホルモン検査を行って調べるのが一般的な方法となっています。

問診では基礎体温グラフを見ながら、生理周期や生理の日数、生理時の出血量などを確認されます。

さらに高温期の中間あたり(排卵日から1週間後あたり)に採血を行います。採血では血液中の黄体ホルモンの値を調べますが、黄体ホルモン値が10ng/ml未満であれば、黄体機能不全と診断されます。

 

黄体機能不全だと妊娠できないの?

では黄体機能不全になってしまうと、妊娠できないのでしょうか?

確かに黄体機能不全は不妊や流産の原因になりますが、軽度であれば体質改善をすることで自然妊娠することは十分に可能です。

たとえ黄体機能不全で不妊症になっていたとしても、クリニックで治療を受けることで妊娠できるようなります。

 

とは言え、黄体機能不全になっているまま放置していると、不妊のリスクはだんだんと上がっていってしまうので、基礎体温グラフや症状に心当たりがあるなら、早めにクリニックを受診して検査をしてみることをおすすめします。

 

クリニックで行われる治療法や改善方法は?

クリニックで検査をして、黄体機能不全と診断された場合、改善するための治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?

クリニックでの治療法には、黄体の形成を促す方法と黄体ホルモンを補充する方法の2種類があるのでそれぞれ詳しくげていきます。

卵子の発育と排卵を助け、黄体形成を促す方法

黄体は、卵胞が排卵後に変化してできるものです。卵胞がしっかりと育たたないままで排卵すると、うまく働かない黄体になってしまうこともあります。

このように、卵子が育ちにくく排卵までに時間がかかり、うまく黄体化できないことで黄体機能不全をおこしている場合には、卵子の発育を助けるような治療法が行われます。

卵子の発育や排卵に問題がある場合には、排卵前の低温期にセキソビットやクロミッドなどの服用薬やFSH注射を数日間使用して卵子の発育を助け、hCG注射をして排卵させます。確実に排卵させることで、黄体機能を手助けします。

 

不足している黄体ホルモンを補充する方法

排卵後の高温期に、直接黄体ホルモンを補う方法なども一般的に行われている治療法です。

黄体ホルモンを補充するものには、デュファストンなどの服用薬やプロゲデポー注射などがあります。服用薬の場合は排卵後10日前後服用し、注射の場合は排卵後数回にわたり使用していきます。

また、生理周期をコントロールしたり、ホルモンバランスを整えていく目的などで、低用量ピルが処方される場合もあります。

このように黄体ホルモンを補充する方法では、服用薬か注射薬のどちらかを使用する場合もあれば、2つを併用して使用する場合もあります。

処方に対して不安を感じるような場合には、医師にしっかりと話を聞くようにしましょうね。

 

体質改善で黄体機能不全を改善させることもできる

クリニックでの治療法をご紹介しましたが、日々の生活を見直して体質改善をすることで、黄体機能不全を治すこともできます。ホルモンバランスが整っていくよう生活リズムをよくしていくことで、黄体ホルモンの分泌を正常にしていくのです。

冷えやストレスはホルモンバランスを崩し、黄体機能不全の原因になると言われています。日ごろから体が冷えないように工夫をし、自分に合ったストレス発散方法でストレスが溜まらないように心がけましょう。

また、ビタミンEには黄体ホルモンを増やす効果があると言われています。ビタミンEを豊富に含むアーモンドや卵を意識して摂取してみると良いでしょう。

食事だけで補えないなと思った場合には、サプリメントなども上手に活用するとよいですね。

 

また、 しっかりと機能する黄体を作り出すために、元気で健康的な卵子と卵胞を育てることがポイントとなります。

黄体機能不全は高温期に影響が出やすいため、高温期に意識が向いてしまいがちですが、低温期のすごしかたにも目を向けることが大切になります。

妊娠率を高めるためには低温期の過ごし方が重要

妊活をスタートさせたけれど、なかなか妊娠しない…。 そんな時は少しでも妊娠率を上げるために何か出来ることはないかなと考えてしまいますよね。 妊娠率を上げるためには、低温期の過ごし方も重要だということを ...

 

まとめ

基礎体温の特徴や生理前の症状から、黄体機能不全なのかもしれないと不安に思ってしまう方も多いと思います。

黄体機能不全は不妊症の原因になりますが、服用薬や注射での治療や自分で体質改善をすることで黄体機能不全を治すことが出来るので、妊娠することももちろん可能になります。

まずは自己判断で放置するのではなく、クリニックを受診して検査をしてみることをおすすめします。

  • この記事を書いた人
グミちゃん

グミちゃん

プロフィール詳細 2013年1年間の妊活期間(通院も含む)を経て自然妊娠→娘を出産。 現在、38歳にて二人目妊活に奮闘中。2017年10月無事二人目妊娠確定しました。 このサイトでは、娘を妊娠するまでに学んだことや感じた事、妊活に必要な情報などをまとめています。  

-妊活や不妊治療
-

Copyright© 妊活卒業したアラフォーママが選ぶ♪妊活サポートにおすすめの葉酸サプリメント , 2018 All Rights Reserved.