男性の妊活

妊活中は男性も葉酸をとったほうがいい?摂取はサプリでなくちゃダメ?

更新日:

妊娠時の赤ちゃんの発達のためや、妊活のサポートとして葉酸サプリメントを取り入れる女性はたくさんいます。

でも、せっかく葉酸サプリや妊活サプリなどを利用するなら、男性パートナーも一緒に利用して、さらなる妊活力アップも目指したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに自分だけがサプリメントを利用するより、パートナーにも葉酸を摂取してもらうと妊活力がアップできるような気もします。

また、パートナーの分もセットで購入したほうがお得に購入できる商品もあるので、どうせならと思われている方も多いかもしれません。

 

けれど、そもそも妊活中の男性にとって、葉酸はそこまで必要となる栄養素なのかという点は、気になる部分ではないでしょうか?

男性がサプリメントで葉酸を摂取することで、妊活においてどのようなメリットがあるのでしょうか?

そこで今回は、妊活男性のサプリメントでの葉酸摂取の必要性についてまとめてみました。

 

妊活中男性の葉酸はサプリでなくてもOK

結論から先にお話すると、葉酸自体は妊活中の男性にとって大切な栄養素であることは間違いありません。

しかし、男性の場合基本的には葉酸をサプリメントから摂取する必要はないと思います。

女性の場合、妊活中のうちから葉酸を食事とサプリの両方から摂取することがすすめられています。

これは、妊娠してからの胎児の成長のサポートや神経管閉鎖障害などの先天性リスクを低減するためです。

神経管などの発達は、着床する時期に形成されるもののため、妊娠したかどうかがはっきりする以前の早期の段階から、しっかりと葉酸を摂取しておく必要があるのです。

葉酸が赤ちゃんや胎児に必要とされるのはなぜか?

妊娠中にはお腹の赤ちゃんのためにも、積極的に葉酸を摂った方がいいといわれていますよね! 葉酸は、主に、ブロッコリーやホウレンソウ、枝豆やモロヘイヤなどにも豊富に含まれており、毎日の食生活でも比較的簡単 ...

続きを見る

 

確かに葉酸は、男女問わず妊活力をアップするうえで大切な栄養素です。

しかし、女性がサプリメントで葉酸を摂取するのは、あくまでも妊娠した場合の胎児の障害を予防する目的であり、妊娠しやすくさせることが目的ではありません。

そういう意味では男性が摂る必要性はないのです。

また、30代男性の1日葉酸摂取推奨量は食品から240㎍とされているのですが、実際の葉酸摂取平均値は264㎍と日々の食事からでも十分にとれていることがわかります。

バランスのとれた食事をしていればそれだけで葉酸の1日推奨量を摂取できるので、男性は無理して葉酸をサプリから摂取しなくても大丈夫なんです。

 

妊活中の男性にとっても葉酸は欠かすことができない栄養素

サプリメントでの葉酸摂取は必要ないとは言っても、男性の体の中でも葉酸は毎日さまざまな働きをしています。

特に妊活中の男性にとっては、葉酸の役割は重要です。

もともと、不妊などの問題を持たず健康的な男性であっても、精子の中には1%~4%くらいは染色体異常のものが含まれているといいます。

葉酸はDNAなど細胞を作り出す役割や、傷ついてしまった精子のDNAのを修復するために使われています。しっかりと葉酸を摂取するということは、正常な精子を作り出すうえでもとても重要になるんですね。

逆に言うと、葉酸が不足してしまうことで正常な細胞分裂や細胞の増殖が行われなくなり、染色体異常をもった精子が増えてしまうということが考えられます。

染色体異常の精子が増えるということは、不妊症の原因や胎児の先天性障害の要因にもなるということです。

葉酸が足りていない人は、十分に摂取できている人に比べて染色体異常の精子の割合が20%も上がってしまうこともわかっています。

妊活中の男性は、妊活力をアップするためにも正常な精子を生成する葉酸は欠かすことができない栄養素ということですね。

 

こんな生活習慣のある男性は要注意

日ごろからしっかりと食事で葉酸を摂取できているという人は、そこまで心配する必要はありません。

男性はバランスの良い食生活をしていれば、1日に必要な葉酸をしっかり摂ることができます。

 

ただし葉酸が不足してしまいがちな生活習慣のあるかたは注意

しかし、生活習慣の中には葉酸が不足してしまう原因が隠れていることがあります。

こうした場合には、毎日必要量の食事がとれていても、実際は体内で葉酸が不足してしまっているということも考えられますので注意が必要です。

 

極端な食生活の乱れ

葉酸はホウレンソウなどの葉物の野菜やレバーなどに多く含まれています。

ジャンクフードやインスタント食品などばかり食べているような乱れた食生活中心の男性の場合、葉酸を含んだ食品を口にする機会が少なくなりがちです。

野菜などを日常的に口にする生活の場合は、あまり意識しなくても十分に葉酸摂取ができていたりもしますが、食生活が偏りがちな方は1日どれくらい葉酸摂取ができているか一度把握したほうがよさそうです。

 

過度な飲酒

アルコールを飲むと、肝臓はアルコールの分解を優先するため葉酸などのビタミンの吸収を後回しにしてしまいます。

後回しにされた葉酸は吸収されずに体外に排出されてしまうので、結果的に葉酸不足となります。

一度に多量のアルコールを摂取していたり、毎日のように飲酒するような生活習慣のある男性の場合は、葉酸不足になりやすいので気を付けてくださいね。

 

喫煙習慣

タバコを吸っていると、葉酸を含んだビタミンが消費されます。

これは、タバコによりダメージをうけた細胞の修復に葉酸が使われるためです。

タバコを吸う本数が多ければ多いほど葉酸が不足しやすくなるため、喫煙習慣のある男性は積極的に葉酸の摂取が必要です。

 

加齢による問題

さらに、年齢的な問題もあります。

男性の場合、年齢を増すごとに精子の数や精子の運動率、精子の正常形態の数の低下が35歳ぐらいからはじまることがわかっています。

年齢に加えて上記のような生活習慣があると、さらに葉酸が不足してしまうんです。

 

葉酸をしっかりとっているつもりでも生活習慣など条件によって不足する場合も

食生活の乱れなどは、葉酸不足を自覚しやすいですが、喫煙習慣や飲酒習慣のあるかたは要注意です。

食事で葉酸をしっかり補えているつもりでも、知らず知らずに葉酸不足になってしまっている可能性もあるからです。

加齢などは生活習慣とは異なりますが、念のため不足していないかどうか日ごろから意識して食事をとるようにしたほうがよさそうですね。

 

葉酸不足が不安な方はサプリメントを補助的にとるのもアリかも

たとえ妊活中だったとしても、男性の場合は葉酸をサプリメントから摂取する必要はなく、食事からの葉酸摂取だけで十分だと思います。

ですが、過度な飲酒や喫煙の習慣があるという人や高齢男性の中には、食事で葉酸を摂取していても実際には足りていない可能性がある方は、補助的にサプリメントから葉酸を摂取してもよいかもしれません。

食生活が不規則で、食品から葉酸摂取が難しいという方もまた、サプリメントを賢く利用することも検討するとよいでしょう。

 

男性が葉酸サプリメントを摂取する場合はどれくらい摂取が必要?

厚生労働省が出している、成人男性の葉酸推奨量は1日当たり240㎍。ですがこれは、食品から摂取する葉酸の摂取量ですので、それをそのままサプリメントの摂取量に当てはめるのはNGです。

食品由来の葉酸とサプリメントによる葉酸とでは、吸収率が異なるというのがその理由です。

食品由来の葉酸の吸収率は50%、サプリメントによる(モノグルタミン酸型)葉酸の吸収率は85%ほどといわれています。

推奨量に近い程度の葉酸をサプリメントで補うなら、サプリで150㎍摂取すればほぼ推奨量と同じ程度の葉酸が補えます。(※240㎍の50%に対して150㎍の85%で127㎍と計算)

ただし、喫煙や過度な飲酒習慣、年齢などによる葉酸不足が心配だという方の場合は、サプリで200㎍くらいのモノグルタミン酸型葉酸(サプリメント由来の葉酸)を摂取すればOKでしょう。

200㎍は妊活女性の半分の量になります。多くの葉酸サプリメントは、妊婦さんや妊活女性向けに配合されていますので、男性が利用する場合は200㎍程度の摂取になるようご自身で摂取量を調節する形になるでしょう。

なお、サプリメントによる耐用上限量(摂取上限)は、1000㎍と女性と同じ分量となっています。

食品の場合はいくら摂取しても問題ないとされていますが、サプリメントなどの場合には摂りすぎてしまうことでかゆみなど副作用がおこ場合もあるので気をつけてくださいね。

 

男性が葉酸サプリを選ぶ時はこう選ぶのが賢い♪

ちなみに女性向けに販売されている葉酸サプリや妊活向け葉酸サプリを夫婦で共有することは基本的には問題ありません。

とはいえ、そもそも女性向けに作られているサプリメントです。妊活向けには女性の妊活に役立つ栄養素が、妊婦さん向けには妊娠中、妊婦が不足しがちな栄養素など、葉酸以外の栄養素も豊富に配合されているものがほとんどです。

そこで、最後に妊活中の男性が葉酸サプリをもし利用するなら、どんなサプリがいいのかいくつかご提案させていただけたらなと思います。

 

シンプルに葉酸だけが配合されているものを選ぶ

葉酸不足だけが気になるという場合は、ドラッグストアなどで葉酸だけが配合されているものがあるのでそちらを選ぶのが一番手っ取り早いかと思います。

例えば、ネイチャーメイドの葉酸などの場合は、1日の摂取量も200㎍とちょうどよい量ですし、ほかの栄養素などは特に配合されていません。

何よりも500円以下のワンコイン程度で購入ができるので、単純に葉酸不足だけが心配という男性にはぴったりの商品かと思います。

ネイチャーメイド 葉酸(150粒入)【ネイチャーメイド(Nature Made)】

created by Rinker
¥518 (2019/07/20 22:09:58時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

女性向け商品の中から男性に適した栄養素が配合されているものを選ぶ

妊活中の男性であれば、葉酸と合わせて妊活力アップにつながる栄養素も含んだサプリを選ぶという選択肢もあるかと思います。

ビタミンEやビタミンC、亜鉛やマカ、Lカルチニン、還元型コエンザイムQ10、アルギニンなどは、性力アップや精子をつくるうえで支えとなってくれる栄養素です。

また、これら栄養素の中の一部には血行を良くして男性機能を高めてくれる要素もあるので、上手に取り入れたい栄養素でもあります。

葉酸以外に上記のような栄養素を含んでいるサプリメントを選ぶと、男性機能の回復や一部の男性不妊の改善にも期待がもてます。

女性向けに作られている葉酸サプリの中から、こうした栄養素も含んでいるようなサプリを選び、摂取量を調節して利用するという方法もおすすめです。

 

ただし、中には男性がとりすぎるとよくない栄養素が多く含まれているサプリもあるので注意が必要です。

特に、妊婦向けなどに作られて販売されている葉酸サプリの中には、鉄がたくさん含まれているものなどもあり、これには中が必要です。

男性は女性と違って鉄を多く摂る必要はありませんし、むしろ多く摂りすぎると、胃腸に負担をかけてしまうこともあるため気をつけなくてはなりません。

成人男性の1日の摂取推奨量は7.5mg程度とされているので、多くても1日の摂取量が10mg以内に収まるようなサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

 

最もおすすめなのは男性向けの妊活サプリを選ぶこと!

 

 

男性向け妊活サプリ・マイシード

妊活中の男性に欠かすことのできない亜鉛や還元型コエンザイムQ10などを配合した、男性向けの妊活専用サプリメント。カルニチンや葉酸などもしっかり配合されています。

もちろん、男性専用の妊活サプリメントなので、1日の摂取量などを自分で調節する必要もなし。

栄養が偏りがちな男性や、ストレスを抱えている男性にもおすすめです。

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
グミちゃん

グミちゃん

プロフィール詳細2013年1年間の妊活期間(通院も含む)を経て自然妊娠→娘を出産。現在、38歳にて二人目妊活に奮闘中。2017年10月無事二人目妊娠確定しました。このサイトでは、娘を妊娠するまでに学んだことや感じた事、妊活に必要な情報などをまとめています。 

-男性の妊活

Copyright© 妊活卒業アラフォーママが選ぶ♪妊活サポートにおすすめの葉酸サプリメント比較・ランキング , 2019 All Rights Reserved.